「アルディージャおもてなしテラス@まるまるひがしにほん」のお知らせ




 Jリーグ社会連携本部が推進する「シャレン!(社会連携活動)」の一環として、アルディージャ後援会主催のもと、大宮駅東口駅前の「まるまるひがしにほん(東日本連携センター)」の2階をビジターサポーター向けのレストスペース(休む/食べる/知る/交流する)として無料でご利用いただける、「アルディージャおもてなしテラス@まるまるひがしにほん」を実施します。


 その取り組みの中でつなぐデリは、「アルディージャおもてなしテラス@まるまるひがしにほん」にて、大宮の銘店お弁当をその場でご注文・お届けいたします。

ぜひ、大宮の方だけでなく、大宮アルディージャの試合にお越しのビジターサポーターの方にも、大宮の美味しいを楽しんでいただけたら幸いです。



> 大宮アルディージャウェブサイト




概要


アルディージャ後援会が大宮すずらん通り商店街に掲示してきた「対戦チームの歓迎の横断幕」のおもてなしの心を受け継ぎ、さいたま市のご理解・ご協力のもと、試合日当日にビジターサポーターへのレストスペースを「まるまるひがしにほん (東日本連携センター)」に設ける企画です。サポーターの皆さまは「休憩、トイレの利用、スマホの充電、フリーWi-Fi」など利用ができるほか、大宮周辺の観光情報や飲食店情報などもご用意します。大宮アルディージャサポーターのご利用も可能です。また、フードドライブ(「特定非営利活動法人フードバンク埼玉」を通じて地域の福祉施設などに寄付)も実施しますので、保存食・非常食のご提供のご協力をいただけますと幸いです。最初は休憩スペースとしての小さな取り組みですが、今後、内容も拡充していきますので、ぜひご利用ください。


<東日本連携とは>

さいたま市では、「交通の結節点」という強みを生かし、「ヒト、モノ、情報」の対流を生み出すことにより、新たな消費や仕事づくりにつなげるとともに、「通過されるまち」から「降りてもらえるまち」「訪れたくなるまち」となるため、東日本地域との広域連携による地方創生の達成を目指しています。



<まるまるひがしにほん(東日本連携センター)とは>

東日本の「ヒト・モノ・情報」を大宮に集結し、交流・発信・活性化を促す地方創生の場です。東日本のJリーグクラブのビジターサポーターが、試合をきっかけに大宮を訪れ、本施設を利用いただくことにより、相互の地域経済活性化に寄与すること目指しています。



■会場

まるまるひがしにほん(東日本連携センター)

(さいたま市大宮区大門町1-6-1)

> まるまるひがしひほん アクセス




■ご注文方法

2021/11/20の20:00まで

つなぐデリ公式アプリよりご予約をいただけます。

お弁当は当日(11/21)の11:00〜12:00に受け取れます。


当日(2021/11/21)

まるまるひがしにほん2Fにて、つなぐデリスタッフに直接ご注文いただけます。










21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示